以外と知らないマラソンの走り方!楽に速くなるにはここがポイント!

マラソンの”走り方”意識して走ってますか?

マラソンの走り方

マラソンの走り方ってかなり大切なんですよね!

とくに、マラソンのように長い距離になると、走り方が悪いと足を痛めてしまったり、完走することができない可能性もあります。

もし完走できたとしても、次の日とかに痛めてたりということもあります。

だから、とにかく走るときは、走り方(フォーム)を意識することが大切なんです。

走り方を変えるだけで、楽に速く走れるようになるんですから、頑張ってスピードを上げることを考えたら、こんなに楽なことはないですよね!

マラソンの練習もコツさえつかんでしまえば、あとは楽しくなる一方です( ^)o(^ )

マラソンが楽に速く走れるようになる走り方のコツをガンガン紹介していきますよ(#^.^#)

マラソン 走り方記事一覧

マラソンの走り方のポイント!

マラソンの走り方

マラソンは42.195㎞という距離を走るわけですよね。

車で走っても遠いなっていう距離を自分の足で走るわけですから、体に大きな負担がきます。

できるだけ負担のかからない、楽な走り方で速く走れるように工夫が必要ですよね。

走り方をちょっと変えてあげるだけで、楽に速くなる可能性があります。

マラソンの走り方のポイントやコツをちょこっとだけ紹介しちゃいますね。

体の中心を意識する!

マラソンは体の中心を意識する!

マラソンを走るときの走り方はちょっと違うんですよね。

体の中心を意識して走ります。

腰を前に出すイメージで走っていきます。

右足でけるときは左の腰を前に出すイメージ。

左足でけるときは右の腰を前に出すイメージです。

前に出すのは膝じゃなくて腰なんですよね。

ここを意識すると体重移動もうまくなって楽に速くなるんですよね。

マラソン完走も夢じゃないです。

しかも、もっと速くマラソンを走れるようにもなりますよ<^!^>

太ももを使って走る!

マラソンは疲れない筋肉を使って走るマラソンの42.195㎞を完走するためには、筋肉に負担のかからないようにするのがポイントになります。

そのためには、疲れにくい筋肉を使って走ることが重要になります。

疲れにくい筋肉とはどこなのか?

それは大きい筋肉です。

大きな筋肉ほど疲れにくくて、長い時間動き続けることができるんですよね。

マラソンで使うべき大きな筋肉とはどこなのか?

マラソンの呼吸と走り方のコツ!

マラソンの走り方と呼吸のコツマラソンの走り方と呼吸のコツをつかむだけで、マラソンは楽に速く走れるようになります。

マラソンの呼吸と走り方のコツっていうのは”リズム”です。

とにかくマラソンはリズムが大切なわけですよね。

そのリズムが崩れると呼吸がまず乱れるんです。

そして、走り方までゴチャゴチャになるんですよね。

だから、そうならないために、リズムのとりやすい呼吸と走り方をやっていくわけですよね。

その2つの中でも呼吸がまず大切なんです。

その呼吸法についてちょこっと詳しく紹介しますね(*^-^*)

10kmのマラソンの走り方!

10kmのマラソンの走り方マラソンの10kmを走ろうと思ったら、フルマラソンとはちょっと違った走り方をしていきます。

フルマラソンの時はできるだけ省エネ走法でしたが、10kmになるとスピードを意識して走っているわけです。

だから、10kmのマラソンの場合はふくらはぎを使って走るようにします。

ふくらはぎのバネを使って走ることによって、スピード感のある走り方になります。

しかし、5kmとはちょっと違って、ある程度考えながら走っていかないといけないんですよね。

10kmはスピードも持久力も求められるのでちょっとコツがいるんですよね。

当サイトはマラソンのトレーニング方法や、走り方、筋トレ、食事などマラソンに関するあらゆることを情報てんこ盛りでご紹介しております。

Copyright(c) 2013 初心者がフルマラソン完走を目指す!トレーニング・走り方・食事!筋トレも! All Rights Reserved.